ベテランからのメンタルヘルスサポート

若い頃は、心身の耐久力が高いため、多少の仕事上の無理でも乗り越えていけます。しかし歳を重ねて定年に近くなるにつれて、次第に心身の自由が利かなくなります。若い頃を思い出して無理をしすぎると、心身に大きなダメージを与えかねません。

ベテランには、ベテランとしてふさわしい仕事のスタイルがあります。たとえ仕事が忙しいときでも、慌てずにメンタルヘルスの維持を心がけるべきです。定年近くともなれば、これまでに多くの仕事の困難を乗り越えてきた経歴があります。そのため、若い頃に比べて無理をしなくとも、知恵と経験を駆使して問題を乗り越えられる可能性は高いです。また、定年が近くなったベテランの経験を活かして、若い同僚たちにアドバイスを行うのも重要な役割です。若いからといって、無理を続けていれば精神面に大きな負担がかかります。その点を考慮して、ベテランの立場から的確なアドバイスを行う事で、若い人材を無駄に消耗せずに済みます。

ベテランがいる職場では、たとえ仕事が忙しくとも、どうにか無理なくスケジュールをこなせていることがあります。それは、スタッフの中でも仕事の経験を持つベテランが、セルフケアに加えて人知れずチームスタッフへのメンタルヘルスへのケアも心がけているという事情が存在しています。職場ではあまり目立たないようなベテランスタッフでも、実は同僚たちを守っている重要な役割を果たしているということは十分あり得ることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*